MENU

Company法人概要

ご挨拶

あらゆる国において、人々は自動車社会の中で暮らしており、経済も日常の生活も車なしでは維持できないのが現状です。
私たちは、社会基盤として不可欠な自動車産業の一端を担い、交通システムを円滑に運用するために、お手伝いしていると自負しております。
実際に整備にたずさわる業者さんや部品メーカーさんや商社の方々と共に、エンドユーザーの皆様の要望に如何に応えていくかが使命だと考えます。
それこそが、お客様に対する一番の支援だと確信致します。

皆様の車の補修・整備を通して、より多くの方々に喜んで頂きたい。多くのお客様と感動を共有したい。そんな思いで、信越自動車商会は日々学び成長していきたいのです。
私たちは地域に密着し、関わりのある全ての人々から愛され歓迎される会社を目指します。そのために、信頼を築き、お役に立つことが大事な柱だと信じ、誠心誠意努めて参ります。

概要

会社の商号 株式会社信越自動車商会
設立年月日 昭和40年4月23日
所在地 営業所一覧をご覧ください。
目的
  1. 自動車及び軽自動車並びに部品の仕入販売
  2. 自動車及び軽自動車の修理加工
  3. 整備工具の販売及び修理加工
  4. 自動車損害賠償責任保障法に基づく保険代理業
  5. 損害保険代理業
  6. 各号に附帯する一切の事業
資本金 12,000,000円
営業内容 自動車部品、タイヤ、機械工具(整備機器)、オイル、ケミカル
社員数 男子:69名、女子:26名  合計:95名
主要販売先 自動車整備工場・カーディーラー・鈑金工場・Gスタンド・カー用品店他 総件数 約1,600社以上
主要仕入先 日本グッドイヤー株式会社
明治産業株式会社
安全自動車株式会社
エンパイヤ自動車株式会社
株式会社アクセス
中国興業株式会社
株式会社イチネンケミカルズ
トヨタ部品新潟共販
日産部品新潟販売
ホンダパーツ日商 他
総件数約110社

経営理念

自分にかかわるすべての人に対し、誠実であり、思いやりを持って接し、周囲の人々の役に立ちます。
仕事に真摯に取り組み、我が社に関わる全ての方々の問題解決に全力で取り組みます。

使命(ミッション)=事業の目的

お客様のビジネス成功のお手伝いをする。
(お客様の仕事の役に立つ。)

  • 私達はお客様のビジネスの為に主体的に考え、成功の為のお手伝いをします。
  • 私達は法令を遵守し、価値ある商品を適正価格でお客様へお届けします。
  • 私達は不正を許さず、誠意と熱意、思いやりの心を持って行動します。

シンエツ三訓

  • エネルギーを燃やせ

  • 原点に帰れ

  • 創意工夫を重ねよ

経営の柱

  • 信頼関係を築く

  • 人の役に立つ

  • 自発・自律・自主・自尊

基本姿勢

  • 顧客本位

  • 社員重視

  • 競争力強化

  • 社会との調和

行動指針

  1. お客様への対応は最優先で考える。

  2. 市場価格へ柔軟な対応をしながら、限界利益を確保する。

  3. 豊富な在庫を武器にする。欠品によるチャンスロスを極小化する。

  4. デリバリーで欠品や商品間違いがあってはならない。

  5. 環境保全の問題は、会社を挙げて、前向きに取り組む。

基本動作十ヶ条

  1. 挨拶は、「明るく」「笑顔で」「元気良く」!

  2. 「ありがとうございます」「すみません」は思いを込めて心から!

  3. お客様は待っている、出発時間を厳守せよ!

  4. クレーム処理は最優先。「すみません」を忘れるな!

  5. 全社員が営業員。お客様は、皆にとってのお客様!

  6. 誰であれ、来訪者には挨拶を!

  7. 受注・検索・商品確認は、気合を入れてしっかりと!

  8. 電話口での対応は、迅速・正確・丁寧に!

  9. お客様との約束は、何があっても守りぬけ!

  10. 安定経営への近道は、利益増大と早期回収!

沿革

昭和元年
マルタ醤油自動車部発足。安全自動車株式会社の代理店として自動車販売を始める。
昭和6年
田中商会発足。同年、長岡市本町2丁目に長岡営業所を開設する。
昭和9年
上越市本町に上越営業所を開設する。
昭和12年
戦時統合により、上越営業所を閉鎖する。
昭和16年
合資会社長岡安全自動車に商号変更し、軍指定工場となる。
昭和23年
合資会社長岡安全自動車を解散し、新たに長岡安全自動車株式会社を設立する。
自動車部品販売部門・自動車販売部門・自動車整備部門の3部門にて営業を始める。
昭和26年
日本グッドイヤー株式会社の新潟県総代理店となり、タイヤ販売を始める。
昭和40年4月
部品販売部門と自動車販売部門をそれぞれ分割し、株式会社信越自動車商会と信越ホンダ販売株式会社を設立して新たに営業を開始する。
株式会社信越自動車商会は資本金300万円で設立、本社・三条営業所・柏崎営業所に拠点を置き、自動車部品卸売を開始する。
昭和50年12月
株式会社信越自動車商会と信越ホンダ販売株式会社を合併し、資本金1,200万円に増資する。
昭和53年11月
新潟営業所を新潟市愛宕2丁目に開設する。
昭和56年10月
堀之内営業所を北魚沼郡堀之内町(現魚沼市)に開設する。
平成4年3月
本社を現在の長岡市美沢2丁目に移転、新社屋開業する。
平成10年3月
上越営業所を上越市高土町1丁目2-13に開設する。
平成12年6月
十日町営業所を十日町市大字四日町に開設する。
平成15年8月
六日町営業所を南魚沼郡六日町(現南魚沼市)に開設する。
平成19年9月
五泉営業所を五泉市木越に開設する。
平成20年9月
長岡西営業所を長岡市西津に開設する。
平成24年10月
六日町営業所を南魚沼市美佐島に移転する。
平成26年3月
上越営業所を上越市高土町に移転する。

7つのプロジェクト委員会

信越自動車商会では、業務効率化・質の向上を図るためにそれぞれテーマを持った7つの委員会を設けて、業務改善に取り組んでいます。

理念委員会(理念)

目的

新しい理念をどう浸透させるかを実現するプロジェクト

主な活動

  • 理念確定とその周知徹底

あすなろ委員会(教育)

目的

社員育成の為の教育プログラムを確立達成するプロジェクト

主な活動

  • よかった研修の洗い出し
  • 新人が学ぶ基準
  • ガントチャート
  • 技能研修プログラムの策定

人づくり委員会(人事考課)

目的

人間的な成長を目指した人事考課開発プロジェクト

主な活動

  • 人間性評価等の評価項目を策定

やる気向上委員会(生産性向上)

目的

やる気を向上させる仕組み造り実行プロジェクト

主な活動

  • 営業活動に際しての心がけ
  • ヒアリング集約

そこまでやって委員会(イノベーション)

目的

新しいことに挑戦し未来を切り開くプロジェクト

主な活動

  • バルク配送の導入
  • paypayの実験導入
  • HPの人材募集ページの開発

あるある委員会(マーケティング)

目的

顧客目線でニーズに合わせたサービス開発プロジェクト

主な活動

  • 決算月のご提案営業
  • BLパーツオーダーシステムの検討

幸せになって委員会(福利厚生委員会)

目的

皆の幸せと充実した福利厚生を目指したプロジェクト

主な活動

  • 制服・飲食補助などの新ルール策定
  • 勤労福祉センター利用促進

閉じる